Skip to content →

月別: 2017年9月

お盆、田中 みな実、辻元清美、阿部知子、有田芳生らが新党結成か?

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wCjjD2G.jpg
民進のリベラル系、新党結党の可能性も 「排除」に不満
9/30(土) 20:38配信 朝日新聞デジタル

 新党「希望の党」(代表=小池百合子・東京都知事)が衆院選に向けて進める民進党出身者の
公認調整をめぐり、大阪10区からの立候補を予定する民進の辻元清美幹事長代行が30日、
無所属で立候補する意向を表明した。無所属での出馬を検討する前衆院議員が増えており、
新党結党につながる可能性がある。

 民進党は30日、党本部で全国幹事長会議を開催。冒頭、前原誠司代表が立候補予定者の
公認内定を取り消し、全員を希望に公認申請する方針を説明した。だが、公認判断について
小池氏は、民進が憲法違反として見直しを訴えてきた安全保障法制への賛同などを条件に
「排除する」と明言しており、出席者からは不満や不安を訴える声が出た。

 辻元氏は会議後、記者団に「私はリベラルの力と重要性、信じています。ですから、
私は(新党には)行きません」と明言し、無所属で出馬するとの意向を示した。民進前職で、
神奈川12区から立候補予定の阿部知子氏もこの日、神奈川県藤沢市内で記者団に
「イデオロギーで選別するなら希望の党には参加しない」と述べた。

 赤松広隆元衆院副議長(愛知5区)も30日、名古屋市内で記者団に無所属での出馬に言及。
「(無所属で出馬した)仲間を惜敗率で救うことを考えたときは、新しい政党を作ることも
選択肢の一つとしないといけない」とも述べ、新党結党の可能性を示唆した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000087-asahi-pol

Comments closed

自由党が希望の党と合流も、山本太郎「小池新党の踏み絵は踏めない。とんでも法案には反対」“小池氏は安倍首相以上の独裁者”と見る向きも、とにかく明るい安村、若槻千夏

1 :ラッコ ★@\(^o^)/ :2017/09/30(土) 09:31:46.01 ID:CAP_USER9

>>1の続き)

・主な著書
「山本太郎 闘いの原点: ひとり舞台」(ちくま文庫) 2016年6月
「みんなが聞きたい 安倍総理への質問」(集英社インターナショナル)2016年1月
「ひとり舞台 脱原発-闘う役者の真実」(集英社)2012年2月
「母ちゃん ごめん 普通に生きられなくて」(ぴあ)1998年11月

・趣味 
サーフィン
https://www.taro-yamamoto.jp/profile

<関連記事>
【岩上安身のツイ録】「希望の党」が民進党議員全員を「踏み絵」も踏ませずに簡単に丸呑みすると思うな!
小池氏はすでにリベラル派の選別を口にした。極右「希望の党」の真の狙いを見定めよ! | IWJ Independent Web Journal
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/399192
> 本日、山本太郎氏が街頭で取材に応じて、「民進党の皆さんは希望の党へ行ってもトロイの木馬となって頑張ってください」と発言した。

<関連スレ>
大嶽創太郎「事実上の民進党解党でリベラルは死んだのか?リベラルと言われる議員の方々は苦しい状況」「護憲派の人は誰に投票すればいい?」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506691464/
小林よしのり「今の安倍自民はダメ」「小池ならリベラルも内包できる懐の深い保守政権を作れるのでは」「希望の党が失敗なら自民に戻せばいい」★2
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506656189/
【反安倍】民進党の「希望の党」合流を支持する小林よしのり氏「小池が日本自立のための改憲や原発ゼロを目指すなら、わしの考えと殆ど同じ」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506620203/
MARS MANIE「希望の党の小池さんは元々自民党だし、結局、選挙後には自民党に寄り添いそう(笑) 政党名だけ違っても、やる事同じじゃ意味ない」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506649208/
【テレビ】<「ひるおび!」八代英輝氏>希望の党に合流する民進党をバッサリ!「責任感やプライドはないのか」★2
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506659612/

【芸能】<元AKB48の高橋みなみ>小池百合子都知事「やっぱり会った時の“女帝感”というか、すごいですね。眼力が強い!」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506484159/
【安倍批判/小池支持】デヴィ夫人「北朝鮮以外にも核保有国はあるのに北だけが非難されるのはおかしい。核保有国による北非難は何とも滑稽」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506423558/
【芸能】楽しんご、小池新党からの出馬要請否定も「オファーがあれば出たい」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506429776/
【テレビ】<加藤浩次>希望の党代表・小池百合子氏を批判!都知事として「何にもしてない!!」★3
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506661193/
【話題】<フィフィ>小池百合子氏の新党に皮肉!「総理大臣への『野望の党』」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1506396066/

山本太郎「小池新党の踏み絵は踏めない」
2017年09月29日 21:09

 「原発反対」を貫いたために住み慣れた芸能界を追われた男、山本太郎。政変にあっても信念を貫くようだ。

 山本議員は所属する自由党が小池新党(希望の党)と合流するため、去就が注目されていた。

 参院議員であることから、きょう明日の対応を迫られているわけではないが、基本的なスタンスは決めたようだ。

 「自由党が希望の党と合併するようだが?」と田中は尋ねた。

 山本は「親方(小沢一郎・自由党代表)から、まだ方針が示されていないからなあ」としながらも「(小池新党の)踏み絵は踏めない」と きっぱり 答えた。
「憲法、安保法制、沖縄の踏み絵は踏めない」と繰り返した。

 山本は辺野古や高江で体を張って米軍基地建設反対を訴えている。国会では安保法制に反対の立場を貫いてきた。選挙で勝ちやすいからと言って、希望の党に行くわけにいかないのである。

 しかし「安倍政権を倒すためには(野党は)大きくならないといけない」と苦悩の表情を浮かべた。

 とはいえ「毒をもって毒を制す。だけど毒が国中に回ってしまったらどうしようもない」。

 「(もし希望の党に入ったら)とんでも法案に賛成しなければならなくなる。自分に入れてくれた人への責任があるから、それはできない」。山本は続けた。

 「(山本太郎という)一番ややこしい人間を入れたら、(希望の党は)皆入れなきゃいけなくなる」。最後は自虐ネタでギャグを飛ばしたが、顔は笑っていなかった。(敬称略)

田中龍作│BLOGOS(ブロゴス)
http://blogos.com/article/249255/
画像:山本太郎議員。選挙で生き残るためとはいえ、自らの信念や政策を曲げることを潔しとしない。(29日、新宿西口 撮影:筆者)
http://tanakaryusaku.jp/wp-content/uploads/2017/09/c374c252efcf42421a498c062e1d1872.jpg
画像:小池ゆり子・希望の党代表。安倍首相以上に独裁者と見る向きもある。(27日、都内 撮影:筆者)
http://tanakaryusaku.jp/wp-content/uploads/2017/09/bb9689d085add6ee5cf968b6c5b6c43f1.jpg

■田中龍作(ジャーナリスト)
【プロフィール】鉢呂環境大臣の辞任会見での"一喝"が有名。世界の紛争地域を名もなき人々の視点から取材・執筆。
『田中龍作ジャーナル』(http://tanakaryusaku.jp/)で発信を続けている。

■山本太郎=参議院議員(自由党)、俳優
【プロフィール 】生年月日:1974年11月24日(41歳)。出身地:兵庫県宝塚市。
・俳優として
1990年高校1年生時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入り。
1991年、映画『代打教師 秋葉、真剣です!』で俳優デビュー。その後、テレビドラマ『ふたりっ子』(1996年)、『新選組!』(2004年)。
映画『バトルロワイアル』(2000年)、『GO』(2001年)など数々のヒットドラマ、映画に出演。
また、俳優の仕事以外に『世界ウルルン滞在記』などで、肉体を使った体当たりレポートでも人気を博す。
『光の雨』、『GO』で2001年度日本映画批評家大賞助演男優賞を、
『MOONCHILD』、『ゲロッパ』、『精霊流し』で2003年度ブルーリボン賞助演男優賞を受賞。
最も新しい活動としては、舞台『美輪明宏版椿姫』、主演映画『EDEN』公開など(2012年)。

・参議院議員として
2011年3月 11日に発生した東日本大震災の後、4月より反原発活動を開始。
2013年7月 参議院議員選挙に東京選挙区より出馬、666,684票(11.8%)を得て当選。
2014年12月 政党「生活の党と山本太郎となかまたち」に合流し、共同代表。
2016年10月 政党名を「自由党」に改称、共同代表。
2016年10月 内閣委員会、予算委員会、東日本大震災復興特別委員会、資源エネルギーに関する調査会、環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会(TPP特)に所属。
現在、原発問題、被曝問題、子どもと放射能、TPP問題、労働問題、社会保障制度改革、表現の自由に関わる問題等に特に深く関わり活動中。

>>2-5あたりに、プロフィールの続き)
http://blogos.com/blogger/tanakaryusaku/article/

Comments closed

東京ゲームショウの「ステーキカレー1500円」 写真詐欺すぎると苦情殺到、アレックス・ラミレス、アキラ100%

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GM5byLb.jpg
今年のTGSは、2017年9月21日から24日にかけて幕張メッセ(千葉市)で開催された。
会場には飲食ブースも用意され、複数の事業者がラーメンや唐揚げなどのフードメニューを販売していた。
いまネット上で問題視されているのは、このブースで販売されていた「ステーキ黒カリー」(税込1500円)という商品だ。

イベント最終日にこのカレーを購入した客の一部から、ツイッター上に、
「これちょっと酷くないですか」
「ステーキと言うか蒸した肉」
「注文間違えたかと思いました」

といった苦情が続々と寄せられたのだ。

これは、一体どういうことなのか。
J-CASTニュースが、問題のカレー販売ブースを出展していた「L.B.Market」(名古屋市)の担当者に話を聞くと、
薄い肉が乗った「ステーキカレー」を販売していた事実を認めた上で、その事情を次のように説明した。

まず、「細切れ肉」のようなトッピングが乗ったカレーを提供したのは、イベント4日目のこと。理由は用意していたステーキ肉が欠品したため。
すぐに担当者が代用品を探しに近くのスーパーに向かったというが、そこでは適切な材料が見つからなかったという。

そこで現場の担当者が目を付けたのは、L.B.Market がTGSに同時出展していた「牛ステーキ丼ブース」だった。
つまり、そこで使っていた「うす切り」のロース肉を、代用品として使うことに決めたというのだ。
(ソースより一部抜粋)
https://www.j-cast.com/2017/09/29309949.html?p=all
画像
http://livedoor.blogimg.jp/chihhylove/imgs/d/c/dcd585a2.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/chihhylove/imgs/2/d/2dbe8120.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/chihhylove/imgs/8/a/8a3c0133.jpg

Comments closed

<詩織さん=姓は非公表=>元TBS記者から、性的暴行を受けたと訴える!真相究明求め民事訴訟へ…東京地裁に提訴!、Wink、福澤 朗

1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/30(土) 20:08:16.34 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7ieyLcw.jpg 集会で性暴力被害について語る詩織さん=東京都千代田区永田町2の参議院議員会館で2017年9月29日午前11時13分、坂根真理撮影

 元TBS記者の50代男性ジャーナリストから、性的暴行を受けたと訴えるフリージャーナリストの詩織さん(28)=姓は非公表=が29日、真相究明などを求めて東京地裁に民事訴訟を起こしたことを明かした。提訴は28日付。

詩織さんは準強姦(ごうかん)容疑で警視庁に被害届を出したが、東京地検は不起訴処分にした。検察審査会に審査を求めたが、検察審は21日付で「不起訴相当」と議決した。詩織さんはこれを受け、男性を相手取って提訴した。訴訟では、精神的慰謝料などとして総額1000万円の損害賠償も求める。

 29日に東京都内で開かれた集会「性暴力被害当事者を孤立させない」に登壇した詩織さんは「どのような判断をされようと私が受けた行為、事実に変わりはない」と話した。一方、男性は「訴状を見てから対応する」とコメントした。【坂根真理、巽賢司】

毎日新聞 2017年9月29日 19時43分(最終更新 9月29日 20時19分)
https://mainichi.jp/articles/20170930/k00/00m/040/093000c

写真
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/09/30/20170930k0000m040120000p/9.jpg?1

Comments closed

『けものフレンズ』特番で出演者声優が代わりに謝罪する事態に 「声優の盾を使うな」と批判殺到、2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ、お笑いタレント

1 :名無しさん@涙目です。:NG NG

https://i1.wp.com/i.imgur.com/atOisaE.jpg
9月27日の21時から『けものフレンズ』のニコニコ生放送特番『第13回けものフレンズアワー』が放送された。

同作の声優を務めた方達が出演する特番となっており、サーバル役の尾崎由香、アライグマ役の小野早稀、
イワトビペンギン役の相羽あいななどが出演。

しかし、25日にたつき監督が外れることが判明し騒動となっていることを受けて番組の冒頭では出演していた声優が
代わりに謝罪する事態となった。

アライグマ役の小野早稀さんは、「色々と皆さんを不安にさせたり、お騒がせしていますが、えっと、私たちはこうして
『けものフレンズ』を盛り上げることしかできませんので、これからも頑張って行きたいと思います。
なので、これを見てくださってる皆さんは、変わらずに『けものフレンズ』の作品やキャクターたち、そして何より
動物たちをこれからも愛してくださると嬉しいです。よろしくお願いします」と語った。
その後に一同で「よろしくお願いしまーす!!! けものフレンズが大好きだー!!」と叫び謝罪を終えて個別の挨拶に移った。

カドカワが騒動の事態に対して釈明するのではなく、声優に謝らせるという今回の行為に対してコメントは大荒れし
「声優の盾を使うな」「おのれKADOKAWA」「声優に言わせるカドカワ」「事務所は声優を守れ」というコメントが相次いだ。

また本日の放送は都合により開場時間が30分前に変更され、そのためアリーナ席が取りづらくなってしまった。
本来は10分前だと思っていた人は、既に開場済みで立ち見席しか行けなくなったようだ。

ちなみに開場時間が30分前に変更されたのは混雑が予想される番組のため、一気に入場しないようにサーバーへの
負荷軽減のためだという。この番組以外にも入場時間が変更されたケースがある。

記事に動画あり
http://gogotsu.com/archives/33462
http://fast-uploader.com/file/7062080890328/
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/09/001-44.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/09/02-19.jpg

Comments closed

小林慶祐、打球、日本ハム・斎藤佑 来季目指すは「谷間の佑ちゃん」

1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/09/29(金) 14:46:41.31 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bMshKwT.jpg 日本ハム・斎藤佑樹投手(29)が27日のオリックス戦(京セラドーム)に先発し、6回を5安打2失点だった。7月11日以来の一軍マウンド。
4回に中島に先制犠飛を許し、同点の6回にロメロに勝ち越しソロを浴びた。チームは延長11回、大田に勝ち越しソロが飛び出して3—2で勝ったが、今季最終登板を白星で飾ることはできなかった。
結局、7年目のシーズンは1勝どまり。いよいよ後がなくなってきた。

斎藤は「低めとコース、丁寧に投げることを意識した。2点とも頑張れば防げた失点なので悔しい」と反省。栗山監督は「覚悟して投げてた。
今年やってきたことが正しかったことの証明にもなった。(来季以降につながるか?)もちろん」と評価した。

では来季、斎藤はどこを目指すべきなのか。本紙評論家の得津高宏氏は「着実に信頼を積み重ねていくしかないですね。
いきなり2桁と目標を掲げるよりも、谷間の先発でしっかり結果を出し続けることを目指すべきです。まずは『谷間の佑ちゃん』でいいのでは」と話すとこう続けた。

「信頼というものは『たまにいいピッチングをする』ではなく、続けて結果を出さないと得られないもの。また、練習に取り組む姿勢などでも得られると思います。
それにはキャンプでどれだけフォームを固めることができるか、でしょうね」

来季は大卒8年目。6月には30歳となる斎藤が、今から大きく飛躍できるのか…。得津氏は可能だという。

「早大の先輩にいいお手本がいます。斎藤と同じ甲子園優勝投手(1962年センバツ・作新学院)で、早大からドラフト1位で入団した八木沢(荘六=ロッテ)です。
入団当初は直球が全然走らず、なかなか通用しませんでした」

その八木沢が大化けしたのは決め球を習得したから。

「シュートを覚えてからガラリと変わった。もともとコントロールは良く、シュートを投げだしてから直球もキレるようになった。
それから谷間の先発で結果を出し続け、初めて2桁勝ったのは10年目のシーズンでした。
斎藤もシュート系で自信を持って投げることのできる変化球をマスターできれば、大変身できるかもしれません。真っすぐもまだ2〜3キロは速くなると思いますよ」(得津氏)

来季の斎藤は、どんな姿を見せてくれるのか。

2017年09月28日 16時30分
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/780343/

Comments closed
Scroll Up