Skip to content →

ブロジー通信 Posts

ファンケル、緑はるかに、<本田圭佑>練習合流も…パチューカデビューは来週以降「高度に順応できず、実戦でリズムを保つことに問題」

1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 11:19:27.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/rqH1SSp.jpg メキシコ1部のパチューカが現地時間18日にアウェイで行われるモレリア戦の招集メンバーを発表した。今年7月に同クラブへ加入した日本代表FW本田圭佑は招集外となっている。

 本田はパチューカに加入して以降、筋肉系の怪我により公式戦デビューを飾ることができていない。最近、ようやくチーム練習に合流したようだが、メキシコ紙『メディオ・ティエンポ』は「高度に順応できず、実戦でリズムを保つことに問題を抱えている」と指摘している。

 パチューカは今季、既にリーグ戦4試合、カップ戦(コパ・メヒコ)を3試合終えていた。モレリア戦にも招集されないことが決定したため、本田は公式戦8試合連続でベンチ外となっている。

8/18(金) 10:44配信 
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170818-00226770-footballc-000-1-view.jpg

Comments closed

日本、大阪府、オノ・ヨーコが「イマジン」秘話を明かす 「共作の部分は彼にあげようって」

1 :ひろし ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 23:47:48.72 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/CxXO9Ej.jpg  故ジョン・レノンの妻でアーティストのオノ・ヨーコ(84)が18日放送のNHK総合「ファミリーヒストリー」に息子でミュージシャンのショーン・レノン(41)と出演し、ジョンの代表曲「イマジン」(1971年)の秘話を明かした。

 ヨーコは今年6月、全米音楽出版社協会から「イマジン」の共作者であると認定された。

 番組ではヨーコが1964年に自費出版した「グレープフルーツ」の中に、後に「イマジン」に発展する部分があることを指摘。妹の小野節子さんも「(『イマジン』の)詞の言葉を聞いて、これはもう姉の影響がすごく深いだろうっていうことはすぐ分かりましたね」と語っている。

 ヨーコは「私も書いたんだってことになったら、あの『イマジン』っていう歌は消えちゃったと思うの。だから、やっぱし良かったと思うの、ジョン・レノン(作)ってことで」と、「イマジン」が長らくジョン1人の作品とされていた意義は肯定した。

 その上で「ジョンがとっても苦しんでいる時だったの。というのは、あの3人(ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スター)と別れたでしょ。だからね、私と一緒に(ビートルズを)出ちゃうってことでね。それで、私の共作の部分は、彼にあげようってことで」と当時の心境を説明。

 英語で「I WANTED TO GIVE IT HIM AS A PRESENT(彼にプレゼントしたかったのよ)」と付け加えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000133-dal-ent

Comments closed

ブラック部活と高校野球を考える 練習時間規制からは優れたチーム、突出した選手は生まれない、室田淳、有村 架純

1 :YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 13:06:03.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MhEcBc3.jpg 「僕ね、『文武両道』って言葉が大嫌いなんですよね。あり得ない」(日刊ゲンダイ2017年8月10日号)

【関連記事】20代は大企業での下積みに耐えるべきか

今年も夏の風物詩、甲子園での全国高校野選手権大会が開かれる中、1人の高校野球監督の発言が物議を醸した。山口県代表、下関国際高校・坂原秀尚監督である。

坂原監督は「野球と勉学の両立は無理、文武両道って響きはいいが、そこに逃げている」「一流とは『1つの流れ』」であり文武両道は二流である、と持論を展開した。坂原監督は記者の問いにこう答えた。

— 朝5時から練習するそうですが、選手が自主的に?
「半強制です。自主的にやるまで待っていたら3年間終わっちゃう。練習が終わって学校を出るのは21時くらい。本当に遅いときは23時くらいまでやることもあります」(坂原監督)

ネットでは炎上した。

残念ながら、下関国際の猛練習は実らなかった。甲子園の初戦で、公立の三本松高校(香川)に4−9で負けてしまう。ネット上で下関国際に対して「ざまあみろ」「武の三流じぇねえか」と罵詈雑言が並んだ。

坂原監督は試合前、三本松の選手がカキ氷を食べていたことに「うちは許さんぞ」と口をすべらせたので、「カキ氷に負けた」と揶揄されてしまう。

日本共産党機関紙「赤旗」にも、「人格軽視の『野球漬け』」として、監督の「管理主義」が批判される(8月14日付け)。
進学校には「絶対負けたくない」

野球強豪校の猛練習はいまにはじまったことではない。最近では2015年、大阪代表の大阪偕成高校が話題になった。関西でもっとも練習量が多いと自負し、試合があった日でも学校に戻って、午前1時まで練習していた。監督が「京大や東大を目指す受験生が深夜まで勉強するのと一緒」と話したことに、反感を覚えた高校野球関係者がいた。

坂原監督も進学校には「絶対に負けたくない」と公言してはばからなかった。
山口県予選でのこと。坂原さんは先のインタビューでこう白状した。

「今回の県大会で宇部(初戦)と下関西(2回戦)と、進学校に当たったので、普段練習してないだろうと思って、思いっきり長い野球をやっちゃろうと。ボールも長い時間こねて、牽制もバンバン投げて。7回になったら向こうもヘトヘトでした」

「進学校いじめ」と言われても仕方がない。だから甲子園での初戦敗退で、ネットの格好の“餌食”になった。

高校野球のスパルタ練習に対しては、「いくら何でもやり過ぎだろう」という声は、1990年代から高校関係者や文部省(当時)の間からあがっていた。さらに昨今では、「ブラック部活」と呼ばれて、国からダメ出しされようとしている。

ブラック部活対策への文科省通知

2017年1月、文部科学省とスポーツ庁は全国の教育委員会などに、中学、高校の部活動で休養日を適切に設けるよう通知した。

休養の目安について、1997年に文部省(当時)は、「中学生・高校生のスポーツ活動に関する調査研究協力者会議」で、「運動部における休養日等の設定例」を次のように示している。1月の通知もこれに倣う。

・高等学校の運動部では、学期中は週当たり1日以上の休養日を設定。
・長期休業中の活動については、上記の学期中の休養日の設定に準じた扱いを行うとともに、ある程度長期のまとまった休養日を設け、生徒に十分な休養を与える。
・効率的な練習を行い、長くても平日は2〜3時間程度以内、休業土曜日や日曜日に実施する場合でも3〜4時間程度以内で練習を終えることをめどとする。長期休業中の練習についても、これに準ずる。

甲子園出場校の中で果たしてこの目安を守っている学校はあるだろうか。

現実問題として、部活の練習時間は規制できるのか。かつて問題となった「野球留学」も「野球特待生」もなし崩し的に認められている。現実としては学校に委ねるしかない。

否定される感覚と文武両道の味方

そもそも野球強豪校は「部活」とは思っていないフシがある。教育の一環というより、高校が持っているスポーツ機関という意識に近い。生徒もそれを承知の上で強豪校に進んでいる。都内の野球強豪コーチが話す。

「ブラック部活なんて思っていない。甲子園に出場すると監督や選手の達成感はものすごい。ブラックがホワイトになって学校も監督もクセになる。次を狙う。いい選手を集める。もっとハードな練習をして武をきわめる。だから、文武両道の公立が出てくると、自分たちが否定されているようで、敵愾心を抱いてしまうのです」

Comments closed

セ・リーグ G9-7DB[8/18] マギー・坂本勇・陽岱鋼1発!延長10回宇佐美プロ初打点初HRはサヨナラ弾!巨人劇勝 DeNA継投奏功せず、ファンケルクラシック、中央自動車道

1 :丁稚ですがφ ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 22:01:35.96 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sfwJUVz.jpg DeNA 1 0 0  0 0 4  2 0 0  0 .  7
巨人 0 0 0  2 0 2  3 0 0  2x  9

バッテリー
巨人 :田口、西村、マシソン、カミネロ− 小林、宇佐見
DeNA :石田、平田、三上、エスコバー、砂田− 嶺井、戸柱

本塁打
DeNA :梶谷 6回表 14号3ラン
巨人 :マギー 4回裏 13号ソロ、坂本勇 6回裏 14号2ラン、陽 7回裏 9号3ラン、宇佐見 10回裏 1号2ラン

試合結果:スポーツ報知/yahoo野球
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/results/20170818-01.html
https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2017081801/score

明日の予告先発
   巨人 - DeNA
菅野智之    井納翔一
http://npb.jp/announcement/starter/

Comments closed

山田涼介、マヌエル・ノイアー、トランプ氏、バノン首席戦略官を解任

1 :右大臣・大ちゃん之弼 ★:2017/08/19(土) 03:24:07.05 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/VSQNkBt.jpg [ワシントン/ヘイガーズタウン(米メリーランド州) 18日 ロイター] - トランプ米大統領が18日、バノン首席戦略官を解任した。ホワイトハウスが明らかにした。

サンダース報道官は声明で、バノン氏の任期は本日限りと説明。「彼の務めに感謝し、幸運を祈っている」と述べた。

関係筋によると、トランプ氏は過去数週間にかけ決意を固め、バノン氏は自発的な辞任の機会を与えられていたという。

バノン氏は今週、リベラル系「アメリカン・プロスペクト」のインタビューで、北朝鮮に対するトランプ氏の立場を弱める姿勢を示したとの見方が出ていた。

バノン氏は、オフレコで学者に語ったとの認識を周辺に示した。トップを務めていた保守系メディア「ブライトバート・ニュース」に戻る可能性を友人らに伝えてもいた。

2017年 08月 19日 03:11 JST
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-bannon-dismissal-idJPL4N1L44M2?il=0

Comments closed

<デヴィ夫人>「日本の真の敵は、日本人」? 愛国心がない若者がほとんど。何かというと世論を煽るマスコミも悪い。、傷害罪、年の差婚

1 :Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/18(金) 11:37:17.55 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cLZ8ACr.jpg 内向き社会と言われながらも、テレビでも、街の中でも多く見かけるようになった。在日外国人やダブル(ハーフ)の人びと。彼ら・彼女らの目に映る現代の日本の姿とは──。タレントのデヴィ夫人に話を聞いた。

*  *  *
 私は約40年間外国に住んでいました。昔の日本人は気高さを持っていました。ところが今の日本を見ると、その気高さはどこに行ったのかと感じ、情けなく思います。例えば日本の女性。現代の女性たちは、とてもきれいです。戦後の日本女性と比べると、抜群に美しい。でも「情操」に欠けたロボット人間ばかりのように感じるのです。

 私が生まれたのはテレビがない時代。楽しみといえば、読書しかありませんでした。フランス、イギリス、ロシア、ドイツなど、世界の文学作品を夢中になって読みました。『赤と黒』を読めばレナール夫人になりきり、『嵐が丘』を読めばキャサリンになりきり、『戦争と平和』を読めばナターシャになりきる。知的な想像の世界に生き、文学の中のロマンスに浸っていた。それが情操豊かな人間をつくる。ところが今はどうでしょう。

 最近では、一緒にいる男性を失いたくない一心で、子どもを平気で虐待死させる母親がいる。自信と誇りを持った大人になりきれていない女性が、主体性も持たずに男性に依存してしまう。自由を履き違えているのではないでしょうか? 英語ではセックスを「メイクラブ」と言います。つまりは、愛の高まりの象徴を意味するのです。ところが、最近の女性は、愛に対して美的感覚が全くないように感じます。単なる「セックス」でしかありません。

 今はSNSなのでしょうが、お手紙も非常にロマンティックなものでしたよ。私はスカルノ大統領から何百通というお手紙をいただきました。今でも大切に保存しています。そこにはすべて、すばらしい詩的な言葉が綴られています。そうした愛の育み合いを、今の方たちは何も知らずに育っているように感じます。最近では新聞を取る人が減っていると言うじゃないですか? スマホでニュースを見るのでしょうが、そうすると、自分の関心のあるものしか読まないでしょう。世界で同時に何が起きているのか全く分からない、知らない。

 日本の若者は政治に関心を持っていない。韓国の若者なんてすごいじゃない。中国も、韓国も、若者が動く。デモをしたり、日本大使館に抗議をしたり。日本の若者は全然しない。自分のことしか興味を持っていない。

 日本は精神的に自立していない女性が多い。愛国心がない若者がほとんど。国益を考えない政治家。何かというと世論を煽るマスコミも悪い。日本の真の敵は、日本人かもしれません。(構成・ライター/羽根田真智)

※AERA 2017年8月14−21日号

8/18(金) 11:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170815-00000060-sasahi-ent

Comments closed
Scroll Up